TATESHINA AKARIYA

DAYS

2019.12.27

シラカバイクのってみた

ということで?シラカバイク初体験です。シラカバイクって?
名付けて「望月の名店をめぐるe-Bikeひとり旅」。立科町のおとなり、佐久市望月の「Gusk」さん、「Yushi Cafe」さん、「the OK pizza & bread」さんに行ってきました。

とりあえず地図と証拠写真(笑)をご覧ください。片道およそ8キロ、往復16キロ。正確な時間を計り忘れるという失態を犯したことに今気づきましたが片道およそ20~25分ほどでした。


あとから調べて分かったこと、あかりやとOKさんの標高差4m!望月の標高って立科と変わらないんですね、知りませんでした。


立科町の中心、中山道「芦田宿」。趣深いバス停です。


中山道を通って茂田井に到着。茂田井のバス停もなかなかの趣。傾き具合がたまりません。


望月宿の中心、「望月歴史民俗博物館」。


望月の「Gusk(グースケ)」。地元の野菜やこだわりの手ごねパスタがいただける大人気店です。決して目立たない立地なのにいつ来ても混んでます。


望月でココは外せない、「Yushi Cafe(ユーシカフェ)」。自家焙煎コーヒー、スコーンやケーキなどがいただける古民家カフェです。


アツアツのコーヒーで少しだけ休憩。Yushi CafeはいつきてもYushi Cafe。なんのこっちゃ(笑)。オーナーのYushiさんが優しく迎えてくれます。


望月期待のニューカマー、「the OK bread & pizza」。パンとピザのお店ですがケーキ(要予約)もあります。ノスタルジックな田舎道に突如現れる印象的な砂利道が目印。


アシストMaxで往復約16キロ走ったあと。バッテリー表示は4(フル充電で5)でした。

感想(ざっくりと)

・ひとりは寂しい。寂しかった。家族とか友達と楽しみたいところ。
・急な坂道を座りこぎで登るときの優越感。
・長距離になればそれなりに体力は必要。長く続く坂では笑顔が消える可能性あり。
・ギアチェンジ(一番軽いのが1、重いのが7)をいろいろ試しましたが、基本的には7で良いかな。アシストの強さはギアの重さに比例するので軽いギアより重いギアの方が坂道が楽でした。アシストの強さは5段階任意に設定できますが今回はマックスの5で移動しました。
・極太のタイヤ、パンクの心配はほぼなさそう。田舎道はパンクの恐怖との闘いなのでこれは本当にありがたい。
・中山道はこのまま辿れば「八幡宿」「塩名田宿」「岩村田宿」と続きます。往復を考えると自分的には塩名田宿までが限界かな。グーグルマップで検索!
・今日の気温は3℃ほど。以外と大丈夫でした。手と耳、首の防寒は必須。メガネがあるとなお良し。雨や雪の後で道が凍っている可能性があるときは避けるべし。

次はこう使ってみたい

・この自転車にスピードを求めるのは野暮!中山道を通った先人に思いを馳せ、景色や友達とのおしゃべりを楽しみながら走りたい。
・春から秋にかけては農道をのんびり走ってみたい。田んぼや畑、浅間山や蓼科山、桜や紅葉など季節それぞれの風景を楽しんですこし疲れたら道端でコーヒーを淹れて飲む。
・泉質目当てで布引観音温泉に行き、その帰りにサウナ目当てで権現の湯に行く。ぜいたく!

結局何しても楽しいと思います。e-Bikeを楽しみに立科へGo!